A Toast Nature 2019 Holiday Collection

love for gift

冬の寒い朝。
凛とした空気が漂う部屋に2人。
温かいブランケットに包まれて動けない。
そろそろ、旅の支度を始めようか。

最初にどこに行く?
これをまずは食べたいな。
なんて、地図を見ながら準備が進まない。

気づいたらあの人は眠ってしまった。

この旅は特別な旅。
旅先で渡そうと決めている、大切な人へのギフトをこっそりトランクに詰め込んだ。

いつもとは違う場所で、特別なサプライズを用意してたくさんの“ love ”と“ thanks ”をあの人に。

SPECIAL
COLLABORATION

john masters organics x edeworks
john masters organics x edeworks

2020年のギフトコレクションでは、ジョンマスターオーガニックとWIND AND SEA(ウィンダンシー)とのコラボレーションが実現。旅からのインスピレーションをテーマに、2種のトラベルポーチと旅にふさわしいヘアケアアイテムをセレクトしました。

PROFILE

WIND AND SEA

スタイリスト、カメラマン、ブランドディレクター他、幅広い分野で活躍する熊谷隆志さんが2018年にスタートした新ブランド「WIND AND SEA」は、ストリート感あふれるデザイン。彼のリアルが凝縮されたアイテムは、国内外で話題に。

https://windandsea.jp/

profile

edenworksインタビュー特集へ

LIMITED ITEM

john masters organics×WIND AND SEAのスペシャルコラボレーションでは、熊谷氏の旅の経験に基づいて設計された大小2つのトラベルポーチが誕生。

photo01

トップスなどの収納に最適なマチに奥行きがあるビッグタイプと、シャンプー&コンディショナーがぴったり収まるミニサイズの2種類。

photo02
photo03

SAN DIEGOとNEW YORKへの旅をイメージした、2色のポーチが登場。
グレーはオンラインストア限定カラー。

ON THE TRIP GIFT
with WIND AND SEA

プレミアムヘアケアコフレ

※WEBは1/23 THU 18:00~発売

プロ仕様のヘアケア&スタイリングを旅先でも簡単に実現

オン ザ トリップギフト
「サンディエゴ」

¥4,580+税

詳しく見る
オーガニックヘアケアコフレ

※WEBは1/23 THU 18:00~発売

【WEB限定カラーポーチ】
旅先でもすこやかな頭皮をキープ

オン ザ トリップギフト
「ニューヨーク」

¥6,800+税

詳しく見る

INTERVIEW
WIND AND SEA / Takashi Kumagai

profile

香りで紡ぎ、鮮明化する旅の風景。

雑誌や広告の撮影、そして自身のショップのバイイングやプライベートでのサーフトリップなど、常に世界を旅している熊谷隆志さん。彼にとって旅は生活の一部であり、人生に欠かせないもの。旅先で見た景色、そして香りが彼の五感にアプローチし、さまざまなアイデアを生むきっかけにもなっているのだ。

「僕の母親もそうですが、人一倍嗅覚が鋭いんです。
だから日常で出会うふとした香りで、昔の旅先を思い出すことも多いですね。乾いた香りが好きで、いくつも手にしています。ジョンマスターオーガニックの香りはまさに僕好み。たとえ日本で使っていても、ここではない異国を想像させる香り。今回コラボレーションできたことを嬉しく思います」

熊谷さんは常に好きな香りに包まれていたいからと、旅先には必ず香水を持参。シャンプーなどのバスアイテムも同様だ。さらに欠かせないものはポーチ類で、スーツケースの中を無駄なく、美しく整理するのに役立っている。そんな熊谷さんがデザインしたポーチは、サンディエゴとニューヨークへの旅をイメージ。自身のブランド〈WIND AND SEA〉が生まれたきっかけでもあるアメリカの乾いた空気を彷彿させるカラーだ。

「海外のホテルで好みのアメニティを見つけたら、つい持って帰りたくなりますよね。今回のコラボレーションアイテムも、そんな風に気分の上がる存在になれたら嬉しい。ギフトにもいいと思います。ユニセックスで使えるし、消耗品だから気軽に贈り合える。僕も誰かにギフトを贈る時は決まって消耗品。いくつあっても嬉しいですから」

現在は14年間の葉山暮らしから、東京ベースの2拠点生活にシフトした熊谷さん。大きな決断をする前には決まって一人旅をするという彼は、今回も広大な景色が広がるアメリカ・デスバレーでじっくりと自分に向き合った。知らない土地に身を置くことで本能的な勘を研ぎ澄まし、次のステージにパワフルに進んでいく。彼の嗅覚もまた、度重なる旅で磨かれているのだろう。「 次は香りでコラボレーションしたいですね」