BRAND STORY

PHILOSOPHY

Perfectly Natural Beauty

自分自身が最も美しく見え、かつ最も心地よく感じるという 2つの要素が満たされて初めて生まれるのが真の美しさ。ジョンマスターオーガニックの変わらない思想です。自然がくれる幸福感は身も心も豊かにする。それが美しさをつくり、心地よさをもたらすのです。

Sustainability

ジョンマスターオーガニックが考える美しさの源は、豊かな自然。恩恵を与えてくれる自然に対して深く感謝し、環境に負担をかけないものづくりを進めてきました。生分解性を考慮した製品開発、有害な化学物質を排除したクリーンエアサロンの運営など、私たちが行ってきたサステナブルな取り組みは、一つひとつの製品に生かされ、ブランドの独自性を生み出す礎となっています。

Identity

私たちは農薬や化学肥料を使わずに栽培・収穫されたオーガニック由来の成分を使用しています。美容成分を含んだ植物オイルやフラワーエキスを厳選し、長年の研究による専門知識と最新の技術によって、感性に触れる香りとテクスチャーにこだわった製品づくりをしています。

HISTORY

1980年代

ヘアサロンのトップスタイリストとして活動。ヘアサロンのトップスタイリストとして活動。

1991年

自宅のキッチンでオーガニックエッセンシャルオイルのブレンドを始める。自宅のキッチンでオーガニックエッセンシャルオイルのブレンドを始める。

1994年

ジョン・マスターがNYソーホーに世界初の「クリーンエアサロン」をオープン。
「ジョンマスターオーガニック」をブランドとして創業。
ジョン・マスターがNYソーホーに世界初の「クリーンエアサロン」をオープン。
「ジョンマスターオーガニック」をブランドとして創業。

2007年

「ジョンマスターオーガニック」が日本に上陸。「ジョンマスターオーガニック」が日本に上陸。

ジョンマスターオーガニックは、農薬や化学肥料を使わずに栽培され、収穫されたオーガニックでナチュラルな原料を使用しています。 それは、認証機関によって認定された成分です。必要な美容成分を含むハーブやフラワー、穀物などを厳選し、感性に触れる香りとテクスチャーで、 ホリスティックな美容効果を追求しています。

ジョンマスターオーガニックは
すべての製品に70%以上※オーガニック成分を使用します。

※水と塩を除く
  • ラウリル硫酸Na、パラベン、フタル酸エステルを使用しません。

  • 遺伝子組み換えされた原料は使用しません。

  • 動物実験はしません。PETA(アメリカの動物保護団体)によって承認されています。

  • 合成香料、合成着色料、合成増量剤を使用しません。

  • すべてのエッセンシャルオイルや植物エキスは、可能な限りオーガニック認証されたものを使用します。

  • すべてのエッセンシャルオイルや植物エキスは、可能な限り水蒸気蒸留もしくは冷却圧搾法で採取されたものを使用します。

john masters organicsは、米国USDAに準じて自社で製品開発基準を設定しています。
john masters organicsが指標とする世界認証基準

米国農務省(USDA)傘下の全米オーガニックプログラム(NOP)の基準による認証制度。*95%以上がオーガニック成分を使用 (水・塩を除く)

ジョンマスターナチュラルは日本独自の技術により、
COSMOS認証に準じた製品開発を行います。

  • ラウリル硫酸Na、パラベン、フタル酸エステルを使用しません。

  • 遺伝子組み換え原料はできる限り使用しません。

  • 動物実験はしません。

  • 合成香料、合成着色料は使用しません。

  • すべてのエッセンシャルオイルや植物エキスは、可能な限りオーガニック認証されたものを使用します。

  • すべてのエッセンシャルオイルや植物エキスは、可能な限り水蒸気蒸留もしくは冷却圧搾法で採取されたものを使用します。

john masters naturalsは、EUのオーガニック認証基準COSMOSに準じて、
自社で製品開発基準を設定しています。
john masters naturalsが指標とする世界認証基準

ヨーロッパが本拠地の5つのオーガニック認証団体が、それぞれの認証基準を一つに取りまとめたて策定した統一の認証基準(2010年発表)。ジョンマスター ナチュラルは中でも基準の厳しいCOSMOS ORGANIC認証の取得を目指している。
*全成分の95%以上は植物成分。内20%以上にオーガニック成分を使用。

HAIR CARE

生き方まで
輝かせる髪へ。
MORE

SKIN CARE

生まれもつ肌の力は、
未知数。
MORE

BODY CARE

私が、
私を愛する時間。
MORE